頭を冷やすは正しかった?シューマッハ、オシムを救った新治療法!

スポンサーリンク 

ミハエルシューマッハ
サッカー元監督 オシム

2人を命を奇跡的に救った治療法は
一体何だったのでしょうか?
それについて調べてみました。

ミハエルシューマッハと言えば
F1レースの頂点を極めた人物

冬にスキーに行った際に頭部を派手
に怪我して、脳挫傷ということで
一時は死をも危ぶまれた大事故を
起こして世間を騒がせましたが

奇跡的に一命をとりとめたようです。

サッカー元監督オシム氏も
脳梗塞を起こし都内の病院で治療を
受け、手に少しの後遺症があっただけで回復を果たしました。

Sponsored links 
 

上記の2人の命を奇跡的に救った治療法とは?

脳低温療法です。

脳低温療法とは2つあり

全身脳低温療法
局所脳低温療法

療法とも脳を冷やす療法ということ
ですがどんな治療なのでしょうか?

全身脳低温療法

今回、ミハエルシューマッハと
オシム監督が受けたとされる
全身脳低温療法

水冷式のブランケットなどで全身を
冷却して行くために管理が難しい
ということで、一部の限られた
病院でしかできないそうです。

局所脳低温療法

ヘルメットや帽子のようなのようなものをかぶり体は冷やさず、
頭のみを冷やすだけの簡易的な方法で
副作用の出現はほとんどないといいます。

引用→「奇跡の生還」を果たしたオシム前監督と脳低温療法

さらに、

脳梗塞の患者に
通常治療した患者と局所脳低温療法を
した患者に分けてその後の結果を
比べてみると

脳浮腫の最終段階である
脳ヘルニアで亡くなった方は

通常治療→50%
局所脳低温療法→14%

と脳低温療法を受けた患者が好成績
というから驚きます。

やはり普段から脳を安静にしておく
ために頭は冷やしたほうがいいという事でしょうか?

医療の現場もだんだん変わってきて
良い治療が出てきました。

今後も世の中の人々の一助に
脳低温療法が躍進する日は近いかもしれません。

頭を冷やす治療まとめ

ミハエルシューマッハとオシム監督を救った
脳低温療法は2種類あり

・全身脳低温療法
・局所脳低温療法

全身を冷やす方法と
頭のみを冷やす方法

の2種類があり、上記の2人は
全身脳低温療法を受けたそうです

しかし、全身の場合は体温の管理
等が難しく限られた病院でしか
出来ないそうです。

局所脳低温療法は
頭を冷やすだけでできるという事で
簡易的で副作用もほとんどない治療
だそうです。

やはり、頭寒足熱と初めて言った
18世紀オランダの医師
「ヘルマン・ブールハーフェ」
の言葉の真意は

この局所脳低温療法
なのかもしれません。

スポンサーリンク 
        

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ